バッグ・財布クリーニング

特殊品専門・楽天ショップの評価の高さ、リピーターの多さが技術の証です。

独自の洗浄と再生技術が全国的に評判です

革製品を永く愛用するなかで避けられないのが、色褪せや変色、スレ、シミなど。清潔な洗浄へのこだわりはもちろんのこと、キレイな見栄えにもこだわっています。洗浄、形成、自然乾燥後に、それぞれの状態に合わせてリメイク。プロによる手作業で、スレやシミが目立たなくなり、美しさを取り戻せます。(※着色仕上げは別料金となります。ご相談ください)

  • 図表:色あせもよみがえる
  • 図表:汚れもスッキリ
  • 図表:大きなシミも目立たない
  • 図表:すり汚れも新品のように
  • 図表:黒ずみ汚れも新品のように
  • お取扱品目

    • 革製品(表革、スエード、ヌバッグ)
    • 布と革のコンビ製品
    • 各高級ブランド製品

    (革のべたつきや合成の劣化が見られるお品、色流れが素材に影響をもたらす可能性のあるお品などはお返しすることもございます。)

クリーニングの工程

  • Step1 検品

    検品ポイントを定めて、的確に記録としてレジで伝票を作成。

  • Step2 洗浄

    泡の力で汚れを浮かせて、革の乾燥を保護して洗います。

  • Step3 ふき取り

    タオルでやさしく革肌をいためないようにふき取ります。

  • Step4 乾燥

    形を崩さないように整形し、乾燥の効率も上がる吊るし乾燥です。

  • Step5 着色修正

    傷や擦れ・色ハゲや色褪せ・シミなどを目だたなくします。
    色も合せて調色していますので、仕上がりは好評を頂いています。

  • Step6 仕上げ

    トップコートで革表面を保護し着色した色のもちも良くなります。
    (着色修正は別料金です。ご相談下さい)

  • Step7 出来上がり

    着色修正がされて新品のように、とても見映えが良くなりました。

  • Step8 包装

    片側が不織布の包装袋で通気性も良く、お客様にお渡しするまでに埃がつかないようにしています。

  • クリーニング前

    手皮脂で黒ずみ、傷や色ハゲが見られます。

  • 防水加工も承っております - ご要望くだされば防水加工もいたします(別料金)

お手入れ方法

風通しの良い場所で保管を。

換気の機会が少なく湿気がこもりがちなクローゼットの奥に、かばんを仕舞い込んだままにしていませんか。まずは、箱から取り出して、紙袋か布にくるんでから風通しの良い場所に置きましょう。

バッグの口を開けて風を入れましょう。

バッグの表は革でも内側が合皮のお品も多いです。合皮やポリウレタンコーティングがカビや湿気などにより劣化いたしますとべたつきを発生いたします。べたつきや劣化は直らないです。

水に濡れたら早めの対処を。

革は水に濡れると縮んで硬くなったり、シミができたりします。水に濡れてしまった場合は、すぐに乾いたタオルで軽くたたくように拭き、日陰の風通しの良いところに吊るしましょう。熱風乾燥やご家庭でのアイロンがけは止めましょう。熱を加えると、硬化や収縮の原因になります。

私たちが心をこめてクリーニングしています - 鞄・バッグ専門チーム